事業背景
土壌中の揮発性有機塩素化合物の処理方法として嫌気性細菌による
分解を利用する嫌気的バイオレメディエーションが注目を集めている。
しかし、嫌気的脱塩素化が全ての汚染された土壌に有効ではなく、
その効果の解析も困難である。
その大きな原因の1つが、嫌気性細菌の分解能を定性的、
定量的に把握する方法が確立されていないことである。
養王田とエンバイオテック・ラボラトリーズ社(EBL)代表取締役社長の西村実は、
揮発性有機塩素化合物の嫌気的分解に関する微生物群の解析を進めており、
嫌気的脱塩素化に関する新しい微生物の知見を発見した。
また、養王田がプレシジョン・システム・サイエンス株式会社と共同で開発した
様々な遺伝子解析技術や装置を利用した
新しい環境微生物モニタリング技術の開発を行い、特許の申請を行っている。
西村が、EBLの子会社として環境修復を主な業務とするアイ・エス・ソリューション(ISS)を設立、
同社のマーケッティングの結果、バイオレメディエーションの実績が増えており、
我々の情報や技術の需要が大きいと判断し、
事業化するべきであると判断し、起業した。
Copyright (c) 2008 PaGE Science All rights reserved.